名探偵ポアロの未発表短編発見・・・来春刊行へ

読売新聞によると,シャーロック・ホームズと並ぶ世界的名探偵,エルキュール・ポアロが活躍するアガサ・クリスティ(1890~1976年)の未発表短編2編が見つかり,来年春,早川書房から翻訳刊行されることになった。
見つかったのはクリスティが家族と住んだ英国南西部の邸宅グリーンウェイ・ハウス。遺品を管理していた娘が2004年に死んだ後,クリスティ研究家ジョン・カラン氏が73冊の創作ノートを発見。その中に短編2編が含まれていた。このうち,「ケルベロスの捕獲」は『ヘラクレスの冒険』(1947年)収録の同名の短編の原型,「犬のボール事件」は,長編『もの言えぬ証人』(37年)の習作とみられるという。
今年秋,このノートと短編を紹介するカラン著の「アガサ・クリスティの秘密ノート」が英国で刊行され,早川書房が翻訳権を取得した。同社では,「死後30年以上たって,未発表作を読むことができるのは,ファンへの朗報」と話している。