おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり

月刊 たくさんのふしぎ 2010年 02月号 [雑誌]
読売新聞等によると,福音館書店は28日,月刊「たくさんのふしぎ」の2010年2月号として発売した「おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり」(文・絵,太田大輔)を販売中止にすると発表した。
対象年齢は小学校3年生からで,発明家のおじいちゃんが2人の孫に江戸時代の暮らしを説明する内容。おじいちゃんはたばこ好きの設定で,喫煙したまま孫たちと同席する場面が何度も描かれている。
喫煙に反対する団体などから「たばこを礼賛している」「たばこ規制枠組み条約に違反する」 といった指摘があり,同社は販売中止を決定した。
ホームページでは,塚田社長名で「(たばこは)小道具として使用したものであり,喫煙を推奨したりする編集意図はまったくありません」と説明。「しかしながら,子どもの本の出版社として配慮に欠けるものでした」と謝罪した。
社長の言うとおりだと思うが,そうなら,喫煙だけじゃなくて,たとえ勧善懲悪であろうとも暴力や残酷な描写がある古今東西の作品はことごとくアウトだな。この喫煙に反対する団体っていうのは,日本禁煙学会だろう。この学術団体だか政治団体だか宗教団体だかわからない人たち(学術団体が脅しのような公開質問状をあちこちに送るなんてきいたことがない,クレーマーの手口だな)にかかると,議論の余地はないらしい。福音館はこの本の読者の声をほんとに聞いて決めたのか?