岩波文庫の値段

家計簿で本代は教養娯楽費に入るという。教養でも娯楽でもかまわないのだが、所詮、普通の家庭にとって腹の足しにならんもの、という括りであるのか。

学生時代とは違って、亭主の本代は極限まで削らされ、文庫本1冊買うのにも本屋の棚の前で思案にくれる ….という惨めな生活が続くと、卑屈になっていけないいが、それでも現代は多少なりとも生活に余裕がでたせいか、本代の家計に占める 割合は上昇しているらしい。

古い資料だが、日本人が書籍に使う金額を都留重人が次のように紹介している。 書籍に使うお金は、終戦直後の昭和21年で家計の0.13%。1ヶ月1万円として 本代は13円。今だと400円位か。これでは★1つの岩波文庫を1冊も買えない。同じ頃、書籍代が消費支出にしめる割合は、米国0.34%、英国0.29%であったから、日本はこれらの国に 比べて1/2~1/3に過ぎない。もっとも、他の国にしても決して多い数字ではないが。

そこで、昭和初期の1冊1円ポッキリ「円本」大流行となるのだが、文庫本でも岩波に先行するアカギ叢書が、名作何でもかんでもダイジェスト1冊10銭というのを始めて、かなり流行った。これに対して岩波茂雄は、古典作品を全部完訳にし、廉価で刊行しようという計画を たてたが、さていくらにしたらよいものだろうかと悩む。そこで当時、新しい文庫刊行に当たって原価計算を したのは、製本所から岩波の経理へやってきた大谷市三氏で、この人が文庫★1つ100ページを20銭でできると計算。それは 著者の印税を10%とし、1万部売って200円儲かるという目論見であった。実際は、1冊20銭均一では冊数があまりに増えてしまうため、★3つ4つ位のものは1冊にまとめて出すことになったのだが、「20銭ずつ読んでいこう」は 岩波文庫ファンの合い言葉となった。

ちなみに、書籍に定価が表示されるようになったのは1915年10月、岩波書店が発行図書の奥付に「本店の出版物はすべて定価販売卸実行被下度候」と印刷し、全国の書店に同社の出版物の定価販売励行を要請したのが単独出版社による最初のケースとされている(日本出版学会による)。1941年8月からは、現在に続く岩波文庫買い切り制も始まった。

岩波文庫の発行状況を見ると、初期のタイトルはほとんど1万部以上刷っており、 初版で「藤村詩抄」5万部、「古事記」「日本書紀」が3万,「万葉集」「こころ」「たけくらべ」などが2万、「奥の細道」3万5千,「若きウェルテルの悩み」3万、 などという記録が残されている。もちろん、岩波文庫の性格上、初版部数千部という特殊な本も出しているが、まずは当初の予想通りの立ち上がりであった。

参考までに昭和26年、岩波は「岩波文庫は他社の文庫に比べて安いのか 高いのか?」という読者の質問に答えて,

文庫名 既刊点数 平均頁数 平均定価
新潮文庫 176点 124頁 40円
角川文庫 63点 107頁 30円
アテネ文庫 105点 72頁 30円
岩波文庫 878点 122頁 30円

と岩波の健闘ぶりを示したあと、「値段の高低は、内容、校正、造本三者の質に対する評価によってお考えいただきたい」といっている。

■その後の岩波文庫

★1つ20銭で始まった岩波文庫だが、戦中の1943年までは20銭を維持したものの、終戦後の混乱期を経て、再び★による定価表示が復活したのは、1950年で30円。以後、51年40円、62年50円、73年70円、75年100円と値上がりし、79年からは☆100円、★50円の2段階システムに改定された。1981年からは、現在の★を使わない定価表示に変更されている。

(2000円5月20日記事を改訂)