残っていた片岡義男の文庫本

kataoka.JPG
20数年前に読んでいた片岡義男の角川文庫。赤い背表紙のシリーズですが,学生時代,何度か下宿を引っ越したときに,古本屋に売ってしまったりして,いつのまにか散逸してしまったと思っていました。

しかし本日,旧書庫(近くの実家にある書庫)で紀田順一郎さんの本を発掘していたときに,見つかりました! それも50冊(文庫本は前後3段で書棚に詰め込んでいるので,探すのが大変)。ていねいにトレーシングペーパーをかけて,「1981年夏のフェア」とか「最新刊」の帯も付いています。当時,単行本とダブって買っていた本もかなりあったと思うので,結構熱心な読み手だったんですね(コバルト文庫版もありました)。