ちくま文庫「稲垣足穂コレクション」

taruho200502.jpg
2001年に完結した筑摩書房版全集。1冊5千数百円で13冊だから….と手が出ず,そのうち近所の古書店が1冊3千円で売りだした。それでも買わずに迷っているということは,結局揃いの全集が欲しいだけで(クラフト・エヴィング商會の装丁だからか),自分には20年ほど前からぼちぼち集めている河出文庫のシリーズで十分ということなのだろう。と思っていたら,1月からちくま文庫「稲垣足穂コレクション」全8巻の刊行が始まった。2月の新刊は「ヰタ・マキニカリス」。河出文庫が未だ書店にたくさん並んでいるのに同じような内容で出すなんて,そこのところどうなっているのか?と思ったのだが,河出文庫は版元絶版とのこと。ちくま文庫版は,全集そのまま出してくれれば最高だったのになぁ。