岩波文庫4月の新刊

岩波文庫4月の新刊(4月17日発売)

汚辱の世界史 (岩波文庫)
J.L.ボルヘス
岩波書店
売り上げランキング: 64789

■汚辱の世界史(J.L.ボルヘス)
「無法請負人」モンク・イーストマン、「動機なき殺人者」ビリー・ザ・キッド、「女海賊」鄭夫人、「傲慢な式部官長」吉良上野介など、読者には先刻お馴染みの悪党や無法者についての史実や原話を本歌取りしたボルヘスの最初の短篇集。「他人の書いたものを偽り歪めることで自分を愉しませていた」ボルヘスによる悪党列伝。

清沢満之集 (岩波文庫)
清沢満之集 (岩波文庫)
posted with amazlet at 12.08.04
清沢 満之
岩波書店
売り上げランキング: 25226

■清沢満之集
真宗大谷派の僧侶となり、東京大学に学んだ清沢満之(1863-1903)は、親鸞の思想を哲学的に基礎づけ、仏教の危機的状況に立ち向って、明治期の精神界に大きな影響を与えた。本書は、結核に罹りながらも宗門改革運動に腐心した以降の文章を集める。晩年に深められた思索と信仰の言葉には、現代人の心に響く他力門思想の精髄がある。

新版 世界憲法集 (岩波文庫)
岩波書店
売り上げランキング: 129939

■新版 世界憲法集 第二版
世界各国の現行憲法から、歴史と性格を異にする代表的な国を選び収載。第二版では、2008年に大改正の行われたフランス憲法の他、ドイツ、スイス、ロシアの改正を反映。アメリカ、カナダ、韓国、中国、日本を含む全九カ国について、国別の解説をも加えて巻末に条文索引を付す。現代国家のありかたを知る最良の手引き。

フィレンツェ史(下) (岩波文庫)
マキァヴェッリ
岩波書店
売り上げランキング: 266000

■フィレンツェ史 全2冊 (下)(マキアヴェッリ)
絶え間なく繰り広げられる激烈で複雑な権力闘争。苛烈な現実政治の現場に身を置いた著者が、メディチ家支配下の共和制フィレンツェに焦点をすえながら、波瀾に満ちたフィレンツェの歴史を具体的に叙述する。叙述される出来事自体の面白さだけでなく、第一級の知性たるマキァヴェッリの歴史認識を知るうえでも興味はつきない。新訳(全2冊完結)