他では読めない岩波文庫一括重版(2006年11月)

岩波書店は,11月22日,「他では読めない岩波文庫一括重版」として以下を刊行します。
■ 愛の断想・日々の断想 ジンメル/清水幾太郎 訳
■ 一年有半・続一年有半 中江兆民/井田進也 校注
■ 科学の価値 ポアンカレ/吉田洋一 訳
■ 学問論 シェリング/勝田守一 訳
■ アウグスティヌス 神の国 全5冊 服部英次郎,藤本雄三 訳
■ ギリシア哲学者列伝 全3冊 ディオゲネス・ラエルティオス/加来彰俊 訳
■ マルサス 経済学原理 全2冊 小林時三郎 訳
■ 講孟余話 吉田松陰/広瀬豊 校訂
■ ローザ・ルクセンブルク 獄中からの手紙 ローザ・ルクセンブルク/秋元寿恵夫 訳
■ 宗教的経験の諸相 全2冊 ジェイムズ/桝田啓三郎 訳
■ シンボル形式の哲学 全四冊 全4冊セット カッシーラー/生松敬三,木田元 訳
■ 善なるもの一なるもの プロチノス/田中美知太郎 訳
■ 太陽の都 カンパネッラ/近藤恒一 訳
■ ダランベールの夢 他4篇 ディドロ/新村猛 訳
■ 中国文明論集 宮崎市定/礪波護 編
■ 哲学の改造 ジョン・デューウィ/清水幾太郎,清水禮子 訳
■ 道徳と宗教の二源泉 ベルクソン/平山高次 訳
■ 日本風景論 志賀重昂/近藤信行 校訂
■ 人間知性論 全4冊 ジョン・ロック/大槻春彦 訳
■ 林達夫評論集 林達夫/中川久定 編
■ 不安の概念 キェルケゴール/斎藤信治 訳
■ プラグマティズム ジェイムズ/桝田啓三郎 訳
■ 和辻哲郎随筆集 坂部恵 編
すでに2度目の復刊となっているものも多い気がします。カンパネッラは前回1992年に復刊されていますが,15年も経てば再復刊の機運も高まり・・・ということでしょうか。